大事なペットを病気から守ろう【皮膚病を予防する方法って】

猫を病気から守るために

猫

室内飼いでも注意

ペットとして人気の高い猫は、我慢強い事で知られています。体に不調があっても我慢してしまうため、気がついたら重症化していることも珍しくありません。特に皮膚病は、猫などの毛が長いペットがかかりやすい病気です。皮膚病にかかると、かゆみや痛みが出てくるため、ペットにも大きなストレスになってしまいます。では、皮膚病を患う前に飼い主が気をつけておく事はなんでしょうか。猫の皮膚病は主にノミやダニなどの虫、アレルギー、カビや細菌が原因で起きます。特に多いのがノミ、ダニによる皮膚病です。室内にもノミやダニは潜んでいるため、室内飼いのペットでも皮膚病を発症する事があります。予防するためには猫だけではなく、部屋に潜んでいる虫も駆除する必要があります。部屋の虫を駆除するには、くん煙剤を使用しましょう。くん煙剤を使用することで、掃除機では吸えなかったノミやダニも駆除することができます。二週間に一回使用することで、発生、繁殖の予防にもなります。くん煙剤を使用する時は、ペットを別の部屋に隔離してから行うようにしてください。猫の体に虫が寄生すると、体を掻く回数が増えます。ノミ、ダニが寄生した場合、体だけではなく耳を掻く回数も増えることが多いです。皮膚病を発症すると脱毛を起こす事があります。早めに対処する為にも、日頃からグルーミングの回数、ペットが痒そうにしていないかをチェックするようにしてください。また、毎日ブラッシングをかける事で虫の繁殖をおさえ、炎症などを起こしていないか確認することができます。

狩猟犬のDNAが強い犬種

ジャックラッセルテリアのしつけはポイントを押さえておけばスムーズに行なうことができます。気性は少し荒くなっていますが、しっかりと愛情を注いで上げることで良い関係を築くことができるでしょう。

良い家族を迎えられます

家族の一員として子犬を迎えるとき、ブリーダー等の専門業者の利用は大きなメリットがあります。その犬種に精通して繁殖と飼育を行っているので、健康な個体を入手する可能性が高くなります。穏やかな性格をしていることが多く、飼育しやすいこともメリットです。

かわいいペットのために

トイプードルのしつけに迷ったらブリーダーに相談しましょう。ブリーダーはペットのプロであるため、正しいしつけ方法を教えてくれます。全国各地でブリーダーによるしつけ教室もあるため、初めてトイプードルを飼う人も慣れている人もプロの力を借りてしつけを学びましょう。